治せるセラピストを養成する

将来、理学療法士の供給過剰が訪れることが予想されます。その状況に あっても、充分な競争力を持つ人材が「治せるセラピストです。


学科長の挨拶

スポーツ傷害の治療者も目指せる本学科で、未来に向かって学びましょう。

数年前から、中学・高校時代に部活でケガをして理学療法士の治療を受けたことを機に、本学科に進学を希望したという学生が増えています。本学と他大学との最も大きな違いは、東洋医療と連携した先進的な学びがあるということですが、これに加えてスポーツ分野を専門とした理学療法士の指導のもとで、スポーツ傷害の治療者としての理学療法士をめざせるのも大きな魅力です。目標は違っても、めざすのは「治せるセラピスト」。仲間と一緒に頑張りましょう。

受験者の皆さんへ

本学理学療法学科を受験しようとしている皆さんへ学科の情報をお伝えしています。

10/13更新  動画「受験生応援メッセージ

8/17更新 動画教員による理学療法学科紹介

7/ 1 更新     「予約制の学校見学」について   

6/12更新     動画「学科紹介(2020年度)

6/12更新 動画「オープンキャンパス動画 (2019年度)




↓↓教員の活動や業績はこちらから↓↓



News & Topics

関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 2015年卒業(5期生)、そして本学大学院を2021年に修了された白井孝尚さん(医療法人 寿山会 喜馬病院 リハビリテーション部 理学療法士 主任)の研究「結帯動作と肩関節伸展位での内旋可動域の関係性について」が、第18回日本肩の運動機能研究会 学術集会 にて、名誉ある銅鯱賞に選ばれました。白井孝尚さんは、本学大学院 研究科長の鈴木俊明教授のもと、学部ゼミ生、大学院、そして現在も引き続いて肩に関する研究を続けています。本学理学療法学科の卒業生の活躍は、既卒性や学部生が理学療法を学問として深めていくうえでの大きな指針になりえるかと思います。この度は、誠におめでとうございます。

無料でホームページを作成しよう!